更新が遅くなりましたが、12月2日(日)に高松にあるレクザム小ホールにて合同公演が開催されました♪

セントラルからは16名出演し、とても素晴らしい経験をさせていただくことができました(*^▽^*)

 

樋笠よ志江先生をはじめ、今回も大勢のスタッフの皆さん、保護者の皆さんに感謝申し上げます。

 

セントラルのみんなも、同年代の子達が頑張っている姿やプロとしてやってこられた方々の踊りをリハーサルの時から目の当たりにし、決してお金では買えないものを得ることができたのではないかと思います★

クラシックとして「パキータ」よりアレグロの部分を★

音楽や衣装に負けない、素敵な笑顔と堂々とした踊りができたのではないでしょうか♪

モダンにも初挑戦。生徒たちもあまりモダンやコンテンポラリーを踊らせたことはなくて私自身大人数に振付するのも初めて★

クラシック要素もある程度取り入れて踊りやすくはしてみましたが、慣れない動きに初めはぎこちなかったけれど段々と習得していってくれて、なんと本番ではブラホーいただきました(ノ・ω・)ノ♪

 

多くの拍手をいただき、舞台人として最高の時ですね(*´▽`*)

 

バレエだけではないと思いますが、芸術は完成というものがないと思います。

終わりのない旅のような。

しかし逆を言えば自由に表現のできるものなのです。

 

自分に満足することなく進み続けるものなので、過酷です。

でもこのようにお客様に観ていただき、拍手をいただけるこの瞬間、今までの努力が少し報われる気がするのです。だから日々の努力を怠らず、1人でも多くのお客様に感動を届けられるように頑張るのだと思います。

 

その終わりのない旅をいかに自分の色に染め上げながら、何世紀も続くバレエの歴史を重んじ、丁寧に踊りこむか。

並大抵ではありませんが、続けて努力をしていれば見えてくるものがあります。

バレエを愛し続ける人々が1人でも多くなりますように。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search